愛知県高等学校工業教育研究会ホームへ戻る

会員校の活動

年間を通じて会員校は様々な活動をしています。ここでは、その一部を紹介します。

独自の取り組み

愛知県立瀬戸窯業高等学校 工芸デザイン科

瀬戸市消防団

瀬戸市消防団からの依頼を受けて、2018年、2019年と、観閲式のポスターを作成しました。

せともの祭り

缶バッチをつくったり、創作部による似顔絵を制作の様子です。

愛知県立名古屋聾学校 産業工芸科

障害者ワークフェア2014

名古屋国際展示場にて開催された障害者ワークフェアに参加しました。皆で協力して作品の販売や木のおもちゃ作り体験コーナーを行い、ご好評をいただきました。

第9回 国際アビリンピック

愛知県立名古屋聾学校産業工芸科の生徒が、平成28年3月、フランス(ボルドー)で行われる第9回国際アビリンピック(家具応用)に日本代表として出場しました。

文化祭展示・販売

文化祭では毎年、生徒が制作した木工製品の展示・販売を行います。数多くの地域の方々等が来校されます。大半の方々がリピーターです。

名古屋市立工芸高等学校 インテリア科

かまどベンチの作成

東区役所から依頼を受け、東区の小学校へ災害時の炊き出し用かまどベンチを作成、設置しています。※かまど部分については本校の都市システム科が担当しています。

名古屋市立工芸高等学校 デザイン科

動物愛護センター壁画の制作

名古屋市動物愛護センターの依頼により、建物壁面に壁画を描きました。

2年生対象レンダリング講習会

毎年、本田技術研究所・デザイン開発部の方を講師に招き、マーカーレンダリングの講習会を行っています。

2年ヒコ・みづのジュエリーカレッジ講習会

専門学校で講師をしている卒業生の方を迎え、ジュエリー制作のワークショップを行いました。ワックスからペンダントトップの原型を制作する過程を体験しました。

イベントポスターの制作

名古屋市東図書館の依頼により、イベント用のチラシを制作しました。また本棚のかざりつけなども行いました。

名古屋市立工芸高等学校 グラフィックアーツ科

「歩こう!文化のみち」告知ポスター制作

東区の文化の日恒例イベントの告知ポスターです。採用作品駅や街の掲示板などに掲示され、市営バス・地下鉄の吊り広告にもなりました。

「なごやかまつり・ひがし」パンフレットの制作

10月の区民まつりのパンフレットの表紙と裏表紙を制作しました。表紙に用いた山車の写真撮影では、報道関係者専用エリアからの生徒撮影を許可して頂きました。

骨髄バンク啓発ポスター・クリアファイル制作

若者に向けた骨髄バンク啓発ポスターとクリアファイルの制作を行いました。採用されたポスターは名古屋市内の様々な場所に掲示され、クリアファイルは全市の高校3年生に配布されました。

愛知県立愛知総合工科高等学校 デザイン工学科

朝デッサン講習会・土曜実技講習会

月に1回(7日間)程度のペースで朝デッサン講習会を、月に1回土曜日に実技講習会を実施しています。参加は自由ですが、大学入試対策や基礎的な描写力をつけるため多くの生徒が参加しています。

東山動物園描写コンクール

1年生後半に東山動物園にて描写コンクールを行っています。動物をモチーフに鉛筆及び水彩で描写します。動物の一瞬の動きを捉え、スケッチすることで活き活きとした線で対象を描くことができるようになります。デザイン活動を行う上で必要な描写力を鍛えます。

1年生工業技術基礎

本校では一括募集をしており、1年生前期で全ての学科の実習を行います。ものづくりの基礎を培った上で、デザインの勉強をしていきます。

他学科との共同制作
機械科とのコラボレーション

毎年、愛知県工業高校生溶接競技大会アート部門にデザイン工学科と機械科の混合チームが参加しています。デザイン工学科の生徒はデザインを担当すると共に、機械科の協力を得て溶接も行います。

電気科とのコラボレーション

電気科と協力し、「生活に密着した身近なデザイン」をテーマに灯籠を制作しました。各科の看板として使えるよう、学科の頭文字をデザインのモチーフとしています。工業高校の雰囲気に合わせるため素材を金属にしました。金属加工は専攻科のレーザーカッターを使用しました。

地域産業専門講座・校外学習

高度な技術を持っている企業や大学に協力依頼し技術の発展や高度化に対応したデザインを学びます。

地域産業専門講座

「実習室に企業のオフィスを再現する」をテーマに業務で使われている設備を、実習室に設置していただき、オフィスさながらの仕事ぶりを間近で研究することができます。また、最新の設備を使って実技指導を受けることができます。

校外学習

企業研修と大学研修を行うことで進路に対するイメージを明確にします。

企業研修


大学研修


杉山女学園大学との高大連携

共同制作で商業施設「星が丘テラス」へデザイン的なアプローチを行いました。

外部コンクールへ応募
  • 第10回 愛知県工業高校生ロボット競技大会ポスターに採用されました。
  • 第9回ポスターグランプリ 5名が入賞しました
    • 優秀賞(高校生の部)・中日新聞社賞、協賛会社賞など
  • あいち技能五輪・アビリンピック2019 - 2020入賞者メダルデザイン
  • 平成31年度「工業教育」の表紙デザイン

愛知県立岡崎工業高等学校 機械デザイン科

2号車「トヨタ2000GT」模型の製作

発泡スチロールで制作したトヨタ2000GT1/1です。テーマは「ニッポニアにっぽん」朱鷺です。

一号車は、ホンダのNSX1/1でした。テーマは「イエローフェニックス」黄色い幸せの不死鳥でした。東北震災の復興を願い黄色い色にしました。二号車は、日本を代表する朱鷺をテーマにして白いカラーリングに仕上げました。

ホンダのNSXと今回のトヨタ2000GTは日本の技術を証明する代表的な車でもありインパクトのある車です。この2車種は、日本先代の技術者の魂を現代の人々にも知ってもらいと言う理由もあります。地域活性化を目指し、本学科のPRの目玉として1/1モックアップを制作し、一般の方々よりご高評頂きました。


レプリカと比較しながらの製作風景


2013年1月
東京オートサロン展示


2013年3月
長久手トヨタ博物館展示
本物のトヨタ2000GTと並べて展示

1号車「ホンダNSX」模型の製作

発泡スチロールで製作した
ホンダNSX 1/1です。
東海愛知新聞1月3日付の一面に掲載。
4人で持ち運べるように軽い素材にしました。実車の1/10の重さで最軽量ですが、想いは重いです。


平成24年4月、本田技研工業株式会社から直接出展の依頼があり、6月、茂木(もてぎ)サーキットに展示ショーをすることが実現しました。

愛知県立常滑高等学校 クリエイティブデザイン科

学校開放講座

午前は一般の方を対象にものづくり教室を行いました。午後は中学生を対象にしたデッサン講座を開講し、大変好評でした。

名古屋税関PRポスターの制作

名古屋税関からPRポスターの制作依頼がありました。3年生13名が取組み、感謝状の贈呈式が行われました。作品は全員が採用され、今後はさまざまなイベントや場所で活用されるそうです。

愛知県立起工業高等学校 デザイン科

びさいまつり(ポスター制作)
びさいまつり(似顔絵ボランティア)
イオンモール ハロウィン・フォトスポット制作
漫画外部講師講習会

1年生を対象に、大垣女子短期大学 教授 田中久志先生をお迎えし、漫画の基礎を学びました。2年生を対象に、トライデントデザイン専門学校 安田香織先生をお迎えし、漫画の応用としてキャラクターデザインを学びました。

デッサン外部講師講習会

1年生を対象に、河合塾予備校の講師の方から、デッサンの基礎と美大受験についての講習をしていただきました。

キャリアリング講座(レンダリング講習会)

2年生を対象に、キャリア教育推進事業「キャリアリング講座」にて、アトリエソレイユ・武澤克悌先生を講師としてお迎えし、2日間にわたりレンダリングの実技講習会を行いました。

オープンスクール

中学3年生を対象にオープンスクールでは、進学を考える際の参考にしてもらえるようデザイン科の見学会や体験授業を毎年3回行なっています。

校外研修(東山動物園スケッチ)

毎年1学期に、デザイン科全学年で名古屋市の東山動物園にて動物のスケッチを校外実習として行っています。この実習でどの生徒もデッサン力の向上がみられ、有意義な実習となっています。

体育大会 マスコット制作

秋の体育大会では、毎年デザイン科全学年が力を合わせてマスコット制作を行なっています。競技・応援とともにマスコットも採点対象となり、デザイン科として総合優勝を目指します。